小児歯科

お子さんの気持ちに寄り添った診療

お子さんにとって、歯医者さんが「怖い!痛い!行きたくない!」そんな場所になってしまうと大変です。子どもの頃に歯医者さんに通うのがイヤになると、大人になっても歯科医院は通いづらく抵抗を感じてしまいます。

中葛西歯科・矯正歯科では、お子さんが歯医者嫌いにならないように、嫌がるお子さんにムリヤリ治療を行うのではなく、まずは診療器具や歯医者さんの雰囲気に慣れてもらい、リラックスして診療を受けられるように配慮しています。

お子さんが楽しく歯医者さんに通院できるよう、全力でサポートしていきます。

歯の生え替わりの時期は要注意!

乳歯は生え替わるから虫歯になっても大丈夫…その考えは、大きな間違いです。

乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備をしたり、永久歯を正しい位置に導くといった大切な役割があります。その他にも、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を及ぼしています。つまり、乳歯だからといって虫歯になっても問題ないとは言えないのです。

虫歯菌に感染しているお口の中に、抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると…当然、永久歯も虫歯になるリスクは高まります。「乳歯は抜けてしまうものだから」という油断が、お子さんの将来の虫歯へとつながってしまうのです。 

生えたての歯はとてもデリケート

生えたての歯は、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い傾向にあります。また、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまい汚れがたまりやすくなります。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。

乳歯が抜けない、永久歯がなかなか生えてこないなど…この時期特有のトラブルもつきもので、定期的に歯科医院でチェックすることをおすすめします。歯の生え替わりの時期は特に注意して、大切なお子様のお口を絶えずケアしてあげることを心がけましょう。 

フッ素塗布を行っています

中葛西歯科・矯正歯科は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定された、予防歯科に力を入れている医院です。そのため、初期う蝕(虫歯)に対してのフッ素塗布を積極的に行っております。フッ素は歯質の強化や虫歯菌の活動を抑制する効果があるため、虫歯の予防に効果的です。また、初期虫歯はフッ素塗布によって治ることもあるのです。お子さんの弱い歯質を守るために、ぜひフッ素塗布を受けにお越しください。

大切なお子さんの今と、これからの健康のために

虫歯になりにくいお口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はゼロです。では、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか?前述した通り、虫歯は感染症=うつる病気です。虫歯を持つご両親や周囲の大人の方が、口をつけた箸やスプーンでお子さんに食事を与えたり、硬いものを噛み砕いて与えることなどで、お子さんに虫歯菌がうつってしまうのです。

虫歯菌への感染時期を遅らせることで、将来虫歯ができにくくなるというデータも報告されています。つまり、今のお子さんを虫歯から守ることは、将来のお子さんのお口の健康を守ることにもつながるのです。 

お子さんを虫歯から守る3つの方法

  1. 感染源の除去
    感染源となりやすいお母さんお父さんや周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが大切です。毎日の歯磨きに加え、歯科医院での定期的なケアやクリーニングを受けましょう。
  2. 感染経路の遮断
    虫歯の感染を防ぐのに効果的なキシリトールを活用して、安全なスキンシップを心がけましょう。特に、無糖、糖類0g、シュガーレスなどと表示されている製品がお勧めです。
  3. 抵抗力の強化
    お口をキレイな状態に維持するための歯みがき指導や、初期う蝕(虫歯)へのフッ素塗布などを歯科医院にて受診するほか、ご自宅でもフッ化物を活用して、歯質が弱く免疫力の低いお子さんの歯を虫歯菌から守りましょう。

歯みがき指導

  • 初期う蝕へのフッ素塗布
  • フッ化物の活用

保護者の方へのお願い

大人が平気なことであっても、子どもにとっては大変です。本人の気持ちのサポートをしてあげるためにも、治療後はお子さんをたくさんほめてあげてください。

お問い合わせ03-3680-9111受付時間 9:30 - 21:00 [土は18:00まで][木・日祝日休診 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。